2012年12月28日金曜日

Silver pegged at US$30 per ounce?

どうも銀の値段はついにUS$30/Ounceにペグされてしまったようです。

たしかに高くなるとペーパーマネー(ドル他)の信認がゆらぐし、逆に安くなると現物が市場から消えることになるからペグせざるを得なくなったのかな? 

いずれにせよ操作している側が追い込まれてきている気がする。

2012年12月25日火曜日

The Ascent of Money: A Financial History of The World by Niall Ferguson

Part 1-4までのフルバージョンで約4時間ありますが、お金の歴史についてのドキュメンタリーです。

その中でいい言葉がありました。

「Gold is sweat of Sun and Silver is tear of Moon」


2012年12月24日月曜日

Backlight - Money and Speed: Inside The Black Box [ENGLISH] .

2010年5月6日14:42:40(アメリカ東時間)から約5分間でDOWが1000ポイント(約9%)急落しました。これは一日の下落としてはDOW史上最大の下落率です。

でも、その後15分間でほとんど元の相場にもどりました。番組内でのコメントにありますが、「交通事故で死んだと思った人が、急に立ち上がり走っていったようだ。」という状況です。

イギリスで制作されたドキュメンタリーで何がおこったのかを追求しています。ひとことでいうと、世界の金融市場はすでにコンピュータが支配する巨大なギャンブル市場になってしまっているのです。


Tiny gold bars latest rage for jittery investors

Reutersの記事によると、スイス、オーストリア、ドイツあたりでスイスValcambi社が製造するこんなゴールドバーが売れているそうです。

ハイパーインフレになったときには、これを一つ一つちぎって取引に使うのです。なんかチョコレートみたいだね。


http://www.combibar.com/informations/

2012年12月22日土曜日

'Our hearts broken today': Obama's full speech on school shooting in Connecticut

12月14日にコネチカット州サンディー・フック小学校でおこった銃乱射事件で28人が死亡しました。そのうち、20人は小学生でした。

翌日のオバマ大統領のプレスコンフェレンスですが、涙をふく演技が下手すぎます。


2012年12月20日木曜日

REALIST NEWS - Australia has 99.9% of it's 80 ton gold reserves in London .

SilverDoctorsさんの記事で、オーストラリアの貴金属ディーラーがオーストラリア中央銀行に保有する金現物がどこにあるか聞いたところ回答があったそうです。

オーストラリア中央銀行は約80トンの金現物を所有しているらしいのですが、その99.9%がロンドン中央銀行の金庫に預けられているそうです。自国にあるのは、0.1%の80キロだけ。。。

いくらオーストラリアは英国の植民地だったとはいえ、全部外国に預けて大丈夫なのでしょうか?まだあればいいけど。

以下はRealist Newsさんの解説です。


2012年12月15日土曜日

12.12.12 - The Day Our Currency Died: Andy Hoffman - PT1

Miles FranklinのAndy Hoffmanさんへのインタビューです。

下のPeter Shiffさんの解説につづきQE4の解説です。




Ben Bernanke throws the dollar over the Currency Cliff .

Euro Pacific CapitalのPeter Shiffさんによる、12月12日に発表されたFederal Reserveの金融緩和4弾です。(QE4)

QE3で毎月US$40 Billion(約3.3兆円)のMorgate Backed Security(抵当証券)を買っているわけですが、QE4でこんどはこれに追加してUS$45 Billion(約3.8兆円)の国債を購入します。

だから合計US$85 Billion(7.1兆円)のあたらしいお金で買い支えるわけです!!年間US$1 Trillion(85兆円)です。しかもこれを無期限で実施。。。

2012年12月12日ドルが死んだ日。ハイパーインフレーションの始まりになると思う。


2012年12月12日水曜日

Bernanke's 'Fiscal Cliff' FRAUD: Austerity Coming To America - Harley Schlanger

LaRouchePacのHarley Schlangerさんのインタビューです。オーストリアに滞在中だそうです。

LaRouchePacは元政治活動家、思想家(現在90才)が設立したシンクタンクのようです。



2012年12月7日金曜日

US Debt - Visualized in physical $100 bills

Demon Ocracyさんのインフォグラフィックスは以前からおもしろいなぁーと思ってます。

インフォグラフィックスで統計とか数字とか言葉とかイラストにするとなんかいっきにわかりやすくなることが好きです。

それでアメリカの100ドル札で現在のアメリカの債務1600億ドル(約1300兆円。日本はちなみに約1000兆円)を動画で表現するとこんな感じです。



2012年12月6日木曜日

What is Money?

Corbett ReportのJames Corbettさんはどうやら関西在住のアメリカ人のようですが、世界経済、政治のジャーナリストです。

これは短いクリップですが、"What is Money?"と街で聞いてみると実はみんななんなのかよくわかっていないことがよくわかります。

僕たちは毎日つかうし、経済活動にはなくてはならないものなのに、です。


2012年12月1日土曜日

How Many Checkpoints in One Morning?! Welcome to the Police State!

以前も書きましたが、最近アメリカに行くと空港でのセキュリティ担当TSA、入国担当の移民局の対応には腹が立ちますよね。

アメリカの道路ではもうこんな状態です。


2012年11月28日水曜日

Bitcoin & Gold - Market's more powerful than Government, Trace Mayer

先日のBitcoinに関するTrace Mayerさんのインタビューにつづき、フォローアップインタビューです。

彼の解説はとてもわかりやすいですね。確かに、Gold/Silverは物理的に存在し、所有することができますが、Bitcoinは数学(演算)なので物理的な「もの」ではないけれでも存在はするわけです。

先日オーストラリアの口座に日本の東京三菱UFJから20万円ほど送金したんですが、その手数料は6000円。それに為替手数料がかかりました。

こんなに手数料が高いのは現在のSwiftシステムが海外送金ネットワークを独占しているしているからだと思います。

現在の銀行システムとは別、各国政府の監督下にない、少額の決済がインターネット上で安全でかんたんにできる電子通貨が必要なのです。

2012年11月23日金曜日

Hunt brothers sacrificed to save the US dollar says Mike Maloney

GoldMoney FoundationのAlasdair Macleodさんによる、Mike Maloneyさんのインタビューです。

僕はMike Maloneyさんの数年前に"Guide to Investing in Gold and Silver"を読んでさらに目が覚めてきたのです。2人とも話し方はわかりやすいのでとても好きです。






2012年11月18日日曜日

Japan's Official Advice To Bond Investors: "Please Do Not Worry"

ZeroHedgeにこの記事があったので、財務省の日本語のページを見てみました。

国民のみんなは安心できるのでしょうか?


2012年11月16日金曜日

When Money Dies | Daniel Sanchez

オーストリア経済学派の総本山Ludwig von Mises InstituteのDaniel Sanchez氏の講義です。

Ludwig von Misesはオーストリアの経済学者(1881-1973)で、Daniel Sanchez氏の説明によるとミーゼス氏の影響で、第一次世界大戦後のドイツおこったハイパーインフレに対して、紙幣を大量増刷しなかったオーストリアはハイパーインフレにならなかったそうです。

オーストリア経済学はこれからもっと勉強していこうと思います。


2012年11月13日火曜日

Looper (2012)

Looperは、中国とハリウッドがコラボで制作したサイエンスフィクション映画です。

全米、中国等ではすでに9月末から公開されていますが、日本では来年1月12日から公開予定です。

映画の内容は、タイムマシンが開発された近未来の暗殺請け負い人ジョー(ブルース・ウィリス)の次のターゲットは30年後の自分だった。。てな感じです。

日本での公開はまだ先ですが、とりあえず評判はいいようで、公開直後のアメリカでの週末売上ランキング2位、7週目の先週末は14位、興業収入も現在のところ64百万ドル(製作費:約30百万ドル)なんでかなりヒットしています。

ところで、その主人公の暗殺請け負い人ジョーが仕事の代金として受け取るのは米ドルとかではなく、「銀」なのです。


BrotherJohnFさんの映画と銀、中国との関係を分析した解説もとても勉強になります。

2012年11月9日金曜日

Sorry, let's spend more govenment money!!

田中真紀子文部大臣が来春開校を予定していた3つの私立大学の認可をしないとか言った件についての謝罪会見です。

ていうか、お前よく考えてもの言えよ!!

ようするに補助金がどんどん使われていくのをなんとかしたいと思ったんだろうが、戦うなら戦略、戦術を考えてからにしろ。!!

ちなみに私立大学がどのくらい補助金をもらってるのか調べてみました。549校がもらってるんですね。

日大、慶応、早稲田でそれぞれ約100億円ずつか。。なんでこんなに税金使うんだ。


Government Spending on Private University

2012年11月8日木曜日

Austerity Arena: Greek protesters throw Molotov cocktails, police fire tear

ギリシャでは昨日8日、EUなどから支援を受けるための緊縮財政関連法案がぎりぎり可決(賛成:153票、反対:128票)されたそうですが、それにしても国会の外はかなり荒れています。。。

EUって組織としてたしか最近ノーベル平和賞をとったような気がするんですが。



Smith&Wesson celebrated Obama's victory!!

Smith&Wessonは米国の武器メーカーでその拳銃などは世界中の警察、軍隊で使われています。

NASDAQに上場してるんですが、昨日のオバマ氏の再選で軒並み世界の株価が急落するなか、逆になんと5%くらい急上昇。祝砲をあげています。

以前記事を書きましたが、あらためて2年のチャートを見てみると、ここ12カ月で株価3倍じゃないですか!!

なぜなのでしょうか?



2012年11月7日水曜日

It doesn't matter...

アメリカ大統領選挙ではオバマさんが再選するようですが、ロムニーさんであってもオバマさんであってももうどうでもいいことです。


日本も同じで税収約40兆円なのに1000兆を超える債務はもう返せない。さらに増税しても逆に経済を縮小させて税収はかえって少なくなるでしょう。

つまりは沈没しかけているタイタニックの艦長が変わろうとももう沈む運命は変わらないのです。



Valencia To People: 'Don't Get Sick' As Pharmacies Strike Indefinitely

Zerohedgeの記事によると、スペインのバレンシアで今日から3分の2の薬局が無期限のストにはいるそうです。

調べてみると、バレンシアはマドリッド、バルセロナに続く3位の都市で、バレンシア経済圏は人口170万人くらいだそうです。

ストにはいる理由はもう5カ月分も政府からの補助分代金の入金がないからだそうです。その総額は約450百万ユーロ(約450億円)。

たぶん日本とおんなじ感じで、処方箋で薬を買う時は保険適用でその部分は各薬局が国(または地方政府)に請求するしくみなんだろうな。

バレンシアはパエリアのふるさとだそうです。おいしいですよね。今度僕も作るの挑戦してみようかな。




2012年11月3日土曜日

Understanding Bitcoin Security - Trace Mayer interviewed by VisionVictory

9月にアップされたクリップですが、Trace Mayerさんのインタビューです。かなり頭脳明晰な感じですね。

Buy Physical Silver!!

最近はお友達がフランスに留学に旅立ったのをきっかけに、スイス、フランスの小さい銀貨を買ってます。デザインもなかなかかっこいいです。

Buy Physical Silver!!



Trace Mayer of RunToGold- Bitcoin as Good (Or Better) Than Gold?

WallStreetforMainStreetのJason BurackさんによるTrace Mayerさんのインタビューです。

Trace Mayerさんは実業家、投資家、通貨史の専門家でオーストリア経済学派、Bitcoinにも精通しています。

Bitcoinについては以前も少し取り上げましたが、TraceさんはGold/Silverはもちろんお金としての普遍的な価値があるのですが、現在のデジタル時代において使いがってに優れ、政府にコントロールされず、匿名性も確保できるのでBitcoinをポートフォリオにもつことを推奨しています。

かなりの勉強家で話にもとても説得力があります。今後も注目していこうと思います。


2012年11月1日木曜日

There will be Pacnic into Gold: Doug Casey

Case ReserchのDoug Caseyさんのインタビューです。

Dougさんの話し方がわかりやすいので僕が好きな人の一人です。

いくら借金が増えても、日本の1000兆円の国債債務が払えなくなっても、ユーロが崩壊しても、人々がもつ経験と新しい技術がなくなるわけではありません。

だから、明日の朝からかもしれないたいへんな時期を通りこせば未来は明るいのです。ただ、その「たいへんな時期」をどう乗り越えるかが問題なのです。


2012年10月29日月曜日

Buy Physical Silver!!

週末は渋谷の西武百貨店で冬用のかばんを買おうと思って下見に出かけました。

ここ数年どこにいってもクレジットカードを作れとの売り込みが多いわけですが、「銀のクマの銀カード」。

ゴールドカード、プラチナカード等いろんなカード会社がいろいろ出してますが、なぜ「ゴールド」、「プラチナ」、「シルバー」なのでしょうか?

クレジットカードよりも、本物の「ゴールド」、「シルバー」を買ったほうがいいと思う。

2012年10月26日金曜日

Keep Stackin'

というわけで、今日勤めの帰りに2オンスのシルバーコインを買って帰りました。

2000年製造のオーストラリアパースミント造幣局製造のシルバー2ドルコインです。

Keep Stackin'!!

2012年10月24日水曜日

GERMANY TO REPATRIATE & AUDIT 150 TONS OF GOLD RESERVES FROM NY FED!!!

SilverDoctorsさんの記事によると、ドイツ連邦監視事務所はドイツの中央銀行Bundesbankに対し海外に委託、保管してあるGOLDを本国に取り戻しなさいと指示を出したようです。

ドイツは世界でアメリカに次ぐ2番目のGOLD保有国(ほんとにあれば)ですが、その保管はなぜかフランス、イギリス、アメリカにあるようです。

アメリカのFederal Reserve New Yorkに委託保管されている150トンを50トンずつ3年かけて自国にもどすとのことです。 ほんとにあるのかな?

2012年10月22日月曜日

2012 United States Government Terrorist Identification Chart

zengardner.com 掲載のポスターです。おもしろいなぁー。

日本の空港にいってもセキュリティー検査がばかげているので呆れますが、最近アメリカの空港にいけばかの国が狂ってしまったことがよくわかります。

2012年10月19日金曜日

The First Sino-Japan War (1894-1895)

日清戦争は大日本帝国と大清国の間で1894-1895年に起こりました。

とりあえず戦争の背景は割愛しますが、日本が戦争に勝ち、下関条約にもとづき清は賠償金を支払うこととなりました。

清が払うことになった賠償金額は2億両(テール)の銀で、1テールは37.3gでした。金額として当時の国家予算約8000万円の4倍強の3億6000万円だったそうです。

それでは現在の国家予算の4倍として銀の値段を逆算していみます。とりあえず、わかりやすいので現在の国家予算を80兆円(つまり当時の100万倍の予算です。)

80兆円x4年=320兆円
37.3グラムx2億両(テール)=7、460、000、000グラム
320兆円/7,460,000,000グラム=42、895円・グラム
42,895円/85円(現在の価格)=504倍

つまり、当時の銀の価格に相当するには現在の銀の価格85円・グラムの504倍ないといけないのです。

下の写真は1テール銀貨(Tael, 銀両、銀錠)で馬の蹄みたいな形だからこの呼び名だったそうです。

と、いうわけでBuy Physical Silver!!



2012年10月17日水曜日

Bank of Mexico Admits 96% of Gold Reserves Held in US & London

メキシコの中央銀行は去年93トンのGOLD購入したと発表してたんですが、その保管場所については秘密にしていました。

メキシコのブロガー、Guillermo Barbaさんによると、情報公開法をつかってどこに保管されてるのかを聞き出したとのことです。その結果、95%はイギリス、1%がアメリカにあるそうです。つまり5%しかメキシコ領土内ないのです。やっぱりねー。

ちなみに、ぼくも去年日銀に聞いてみたのですが、どのくらいあるのか?(公表されているのは簿価だけ)、どこにあるのかも「秘密」だそうです。。。

なんでなんだろう??



2012年10月10日水曜日

iCorrection?!

Appleの株価が下がってます。いくらなんでも高すぎるでしょう。

さてどうなるか?

Silver Update 10/8/12 New Currency

昨日のBrotherJohnFさんのクリップですが、Appleの株価、アメリカの新しいドル札について解説しています。

アメリカの新しいドル札は実は2009年時点で発行する計画でしたが、3年後の現在まで技術的理由(?)により延期されています。それでそのデザインなんですが、かなりGOLDが使われています。

いまどき3年も技術的理由に遅れることは考えにくいし、なんでこんなにGOLDがデザインに使われているんでしょうか?

詳しくはクリップの分析を聞いてみてください。


2012年10月8日月曜日

Enter Detroit At Your Own Risk!

デトロイトは現在アメリカでもっとも危険な都市らしいですが、それにしてもデトロイト警察のこの看板はおそろしい。。。


2012年10月3日水曜日

Bullish Call: Silver Could Hit $50 by End of Year

Bloomberg Televisionで銀の値段についての報道がされました。銀もようやくメインメディアに登場することになってきました。

2012年10月2日火曜日

Gold Is Good Money

Ron Paulさんの最新の記事です。

「Why is gold good money? Because it possesses all the monetary properties that the market demands: it is divisible, portable, recognizable and, most importantly, scarce - making it a stable store of value.」

そうなのです、GOLDは正直で良いお金、ペーパーマネーは悪いお金なのです。

PIMCO On Gold - The Simple Facts

PIMCOは、1971年にBill Gross氏、Mohamed El-Erian氏によりカリフォルニアで創業された投資会社です。現在はドイツAllianzグループ傘下となっていますが、世界最大の債権投資会社です。

zerohedgeの記事によると、そんなPIMCOがGOLDの保有を増やしています。その理由は:-

”Regarding inflation in particular, we feel that the Federal Reserve’s decision to begin a third round of quantitative easing makes gold even more attractive.”



2012年9月28日金曜日

Tinka Resources up 14.75%!!

Tinka Resourcesはカナダの探検会社で南アメリカのペルーで銀鉱脈を探しています。

株式はカナダベンチャー証券取引所に上場してあり、僕も少しほど投資しています。

昨日の取引では14.75%上昇!!どうも、カナダの経済番組で取り上げられたのと、銀の値段が安定していた環境もあったようです。

かんばれTinka!! たくさん銀を見つけるんだよ。

詳しい分析はFundamental Viewさんのサイトをご覧ください。


ペルーの現場はこんなところです。いま一生懸命調査してます。

2012年9月27日木曜日

This week in Spain and Greece

今週のスペインのマドリッド、ギリシャのアテネの様子です。もう完全にOut of Control...

zerohedgeの今日の記事では8月のスペインの現金預金が5%減ったそうです。スペインの銀行の信用がなくなりお金(ペーパーマネーですが)逃げているそうです。



2012年9月25日火曜日

Forget the $- 1oz of Silver for 45 Acres!

Chris DuaneさんのSons of Liberty Academy(SOLA)のクリップです。


これはGOLDで決済がされたわけですが、それをSILVERで換算すると、1オンスのSILVER=45エーカーの土地(1エーカー=0.4ヘクタール、45エーカー=18ヘクタール)となります。

これをみて、日清戦争のときに日本が賠償金を清からうけとった金額を調べてみようと思いました。 

2012年9月24日月曜日

iRage: Apple's FoxConn China Plant Damaged As Riots Resume

iPhoneの製造委託をうけているのは、FoxConnという台湾の巨大OEM製造メーカーなんですが、そこの中国の大原市(Taiyuan)にある工場で暴動がおきてるらしいです。

ていうわけでiRage, iRiot, iStrike!?


Gold Counterfeiting Goes Viral: 10 Tungsten-Filled Gold Bars Are Discovered In Manhattan

先日zerohedgeの記事でNew YorkでタングステンのGOLD偽造バーが見つかりましたが、その後の調査でそれが10個以上出てきたそうです。

http://www.zerohedge.com/news/2012-09-23/gold-counterfeiting-goes-viral-10-tungsten-filled-gold-bars-are-discovered-manhattan

Silver Smashed to $33.50 As 50% of US Annual Silver Production Dumped on Market in 5 Minutes

もう毎度おなじみになりましたが、日曜の夜アメリカ東部時間21:00ちょうどからわずか5分間で値段急落。US$34.50からUS$33.50。日本時間では月曜の朝10:00です。

この2%下落に要した空売りボリュームは3,279契約(1契約=5,000 ounce)です。これはアメリカで一年間生産される量の約半分にあたります。

でも最近はこれだけの空売りが入ってもあんまり下落しなくなってきました。いったい誰が銀の値段を抑えたいのでしょうか?


2012年9月20日木曜日

Zimbabwe: Where Everyone's a Millionaire

ジンバブエは、南アフリカにある人口約1200万人の共和国です。第一次世界大戦後は、イギリスの植民地ではありましたが、もともと土地がいいのと、鉱業資源もあるのでゆたかな国でした。

ただし独立後政治が混迷、2000年あたりから2009年で数億%のインフレで現在失業率90%以上と国家再建のめどはたっていないようです。

インタビューは、そのジンバブエで生まれ2000年ころからのハイパーインフレにについての話です。どんな状況だったのかとてもわかりやすく話しています。


2012年9月19日水曜日

Tungsten-Filled 10 Oz Gold Bar Found In The Middle Of Manhattan's Jewelry District

ニューヨークの老舗コインディーラで販売された10オンスのGOLD Barが偽物だったそうです。 タングステンは、GOLDと質量がほとんど同じなので偽物に使われます。

2012年9月14日金曜日

Ron Paul: "Country Should Panic Over Fed's Decision"

昨日の米連邦準備銀行理事会で量的緩和第三弾(QE3)が発表されました。 

内容は:-
◎MBS(住宅ローン担保証券)を月額400億ドル買い入れ
◎労働市場の見通しが大幅に改善するまで資産買い入れを継続
◎低金利を2015年半ばまで継続、従来の2014年終盤から延長
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT823412320120913

月額400億ドルったら約3兆円かぁー。これだけのお金が毎月FEDから市場に供給されるわけです。それで、株価、GOLDなど資産の価格は上昇するわけでです。

そりゃそうだよね。ペーパーマネーの流通量が増えるんだから。それで米ドル=77円に下落。当然ながら通貨の価値が下がります。

ハイパーインフレにまっしぐら。下はRon Paulさんの解説です。

http://www.zerohedge.com/news/ron-paul-country-should-panic-over-feds-decision

2012年9月11日火曜日

The First 12 Hours of a US Dollar Collapse

Inflation.usが製作したこのクリップがリリースされたのはちょうど1年前ですが、いよいよこんな感じになりそうな気がします。

日本では去年の地震、原発爆発のときにコンビニの水があっという間になくなりましたが、スーパーからものが消えるのは一瞬でしょう。

2012年9月10日月曜日

There Must Be Some Way Out Of Here

ペーパーマネーは印刷すればするほど信認をなくします。


Top 14 Reasons To Buy Silver Part 1

先週ヨーロッパではヨーロッパ中央銀行(ECB)のドラギ総裁がスペインの短期国債を無制限に買い取るとか発表しましたが、これでもペーパーマネーの向かう方向が意味することを認識できるのはまだほとんどいないのです。

TruthNeverToldさんのビデオクリップです。


2012年9月7日金曜日

Mike Krieger on why gold and silver prices are headed much higher

GoldMoneyのAlasdair Macleodさんが、libertyblitzkrieg.comのMike Kriegerさんにインタビューしています。

Alsdairさんは話し方がわかりやすいので好きです。Mike Kriegerさんは現在のペーパーマネーシステムは100%崩壊すると確信しているわけですが、その後の社会で既存の権力者に支配されないようにするにはどうしたらいいのかを最も重要視しているとのことです。


Kung Fu Finance Girl!! on RT

カンフーファイナンスはSuzan Fujiiさんが運営する投資情報交換サイトです。

Suzanさんは、もともとは1996年に大学を卒業してからインテルに努めはじめたフツウのアメリカ人女性だったようですが、その後フツウに株式投資などをはじめた後、ハイテクバブル、.comバブルを経てほとんど全財産を失い、それから金融システム、経済について勉強をはじめ、目を覚ましたそうです。

アメリカはすでに狂った国になりはしましたが、こういう人もたくさんいます。金融システム崩壊後の新しい社会ではこんな人たちが活躍するのでしょう。




Smith & Wesson Sales

Smith and Wessonは1852年にボストン郊外で創業された武器メーカです。アメリカや世界各国の警察、軍隊がピストル、ライフルなどを採用しています。

昨日発表された第一四半期の(5、6、7月)の売上高は前年同期比で48%増。いったいどうなってるんだ?

金融市場が崩壊するとアメリカ国内は間違いなく無法地帯になるでしょう。

http://www.zerohedge.com/news/chart-day-smith-wesson-sales

Swhc Sept 2012 Ir Pres

Why is Putin stockpiling gold?

ロシア政府も全力でGOLDを購入してるようです。さてどうしてなんでしょうか?







2012年9月6日木曜日

$83,046 For A 3 Hour Hospital Visit - Why Are Hospital Bills So Outrageous?

アリゾナ州の女性が病院にいったら、3時間の検査で83、000ドル(650万円)の請求書が来たって話です。

まぁ、この手の話はよくありますが、アメリカも日本も医療制度が完全にout of control=崩壊しています。




GATA's Bill Murphy on the JP Morgan Silver Shortage and the next Bullion Bank Run!

いつもの僕が好きなLauren Lysterの番組、"Capital Account"です。今日のゲストはGold Anti Trust Association (GATA)の理事Bill Murphy氏です。

大口の投資家もそろそろ先物取引で持ったポジションを現物引き渡しに切り替えてきてるそうです。ほんとに現物があればいいけど。。



2012年9月4日火曜日

TSA liquid testing inside terminal at Columbus OH Airport

オハイオ州のコロンバス空港でのTSAの様子です。

離陸待合室なんですが、乗客が持ってる飲み物をサンプル抽出して爆薬とかの危険物でないかのチェックをしています。

完全にアメリカは終わってる。。



EU's Poorest Member Country Smacks Down Euro As Bulgaria Refuses To Join Eurozone

ブルガリアは2007年にEUに加盟した、東ヨーロッパにある人口約800万人のちいさな国です。チーズとかヨーグルトとかで有名ですよね。

それで通貨については現在のレフからユーロに移行するように準備を進めてきたようですが、、、やっぱりやめるらしいです。

そりゃそうだよね。ボリソフ首相握手するのなんかいやがってるし。。


http://www.zerohedge.com/news/eus-poorest-member-country-smacks-down-euro-bulgaria-refuses-join-eurozone

2012年9月2日日曜日

Stop The Revolution Start The Evolution

共和党の大統領候補ノミネーションでは結局Mitt Rommny氏が選らばれたことになりました。仮にオバマ政権からロムニー政権に変わったとしても何も変わらないでしょう。

日本も同じですが、既存の権力はあまりにも巨大で強固であるため、現在の枠組みのなかで戦うよりも、既存のシステムの外から、権力がコントロールものを無視するという方法がより合理的である気がしてきました。

2012年8月27日月曜日

Buy physical silver!!

というわけで、こんなのゲットしました!!

現在すでに生産していないもので、販売当時の定価はかなりお高いものなのです。。たのしみだなぁ。

銀は何グラム分くらいあるのかな?



2012年8月24日金曜日

Silver: Supply and Demand

銀の需要と供給をわかりやすく解説したクリップです。

銀(Silver)は金(Gold)と比べると、宝飾品、お金(Store of Value)以外にとてもたくさん用途に使われているのです。

もういちど、その特徴は:-

1、光の反射率が地球上の物質のなかでもっとも高い。
2、熱伝導率が地球上の物質のなかでもっとも効率が良い。
3、電気の抵抗率が地球上の物質のなかでもっとも低い。
4、最近はバクテリアなど滅菌作用があることがわかってきた。

などです。



2012年8月15日水曜日

Jim Chanos: Psychology of short selling; China makes Europe, U.S. debt look like child's play

Kyniko Associateは1985年にJim Chanosさんが創業した空売り専門(Short Selling)のファンドです。

現在でも顧客から預かっている資産を担保に9割以上を空売りのポジションで運用しているそうです。

基本的には株価が高すぎる(と思われる)会社に売りのポジションを入れるわけなのですが、それを行うサイコロジー(思考)は非常に興味深いです。

2012年8月8日水曜日

GATA's Chris Powell on the Silver Manipulation Probe & the Fed Gold Audit!

英Financial Times紙が、米国商品取引監視委員会(CFTC)が過去4年間調査を続けている銀(Silver)価格操作の疑いについてCFTCは証拠不十分として調査を終了するだろうとの記事をリークしました。

Capital AccountのLauren Lysterがその背景をGATA(Gold Anti-Trust Action Committe)のChris Powellさんにインタビューしています。

ようするに、Gold/Silverはペーパーマネーと直接競合するほんもののお金であり、各国政府そのものが価格操作をしているのです。もちろんCFTCは政府の機関なので そりゃ、認めるわけにはいかないのです。

Gone in Sixty Nanoseconds and other "Knight-Time" Stories w/David Greenberg!

8月1日にアメリカの証券会社Knight Capitalのアルゴリズム取引システムが暴走し、約60秒!でUS$440 million(約330億円)の損失をだしました。

Capital AccountのLauren Lysterが業界のプロに解説してもらってます。かなりわかりやすいです。



2012年8月6日月曜日

Spain's Stock Exchange Has Been Halted For Over 4 Hours Due To "Technical Glitch"

スペインの株式市場が現在取引停止となってるようです。現地時間午前10:00過ぎ。

もちろん"Due to Technical Glich"。そう、単なる技術的問題(?!)なのです。

http://www.zerohedge.com/news/spains-stock-exchange-has-been-halted-over-4-hours-due-technical-glitch

2012年7月30日月曜日

CREATURE From Jekyll Island - G Edward Griffin: a SGT doc-style

アメリカ連邦準備銀行, Federal Reserve BankはFederalと名前がついていますが、政府の組織ではありません。1912年に当時のメガバンクが出資することにより発足し、現在まで続く民間の銀行です。

問題はこのFRBがなんの裏打ち資産もなく印刷するペーパー紙幣(Dollar)が独占的にお金として流通しているということなのです。

SGT ReportのSeanさんの 経済作家、ドキュメンタリープロデューサG. Edward Griffinへのインタビューです。2011年6月に収録されたものですが、非常に分かりやすいのでぜひ聴いてみてください。




No More Nuclear Powerplant in Japan!!

昨日7月29日、国会議事堂前で行われた原発反対のデモのようすです。

これだけの人数が集まっていながら、メインメディアはあまり扱っていないようですが、日刊スポーツの先ほどの記事では主催者発表で20万人!!

みんなはどう思う?

2012年7月29日日曜日

RUN. HIDE. FIGHT. Surviving an Active Shooter Event

職場に無差別殺人機がある日突然やってきたときにどのような対応をすればいいかをまとめたクリップです。

Run, Hide and Fight.

アメリカだけでなく日本でも狂った事件が多発しているなかでは無関心ではいられません。



2012年7月28日土曜日

Understanding the Gold and Silver Bullion Business, Andrew Schectman Interview, Miles Franklin

FutureMoneyTrends.comによる、Miles Franklinの社長Andrew Schectmanさんのインタビューです。

Miles Franklinは1990年代からGold/Silverコイン等を販売する貴金属販売会社です。

どういういきさつで創業したのか、現在世界経済をどう見ているか、なぜGold/Silverなのか、などとてもわかりやすく解説しています。

2012年7月23日月曜日

Do we make it to the London Olympic?

ヨーロッパ市場に続き現在Dowは、1.76%安、NASDAQ2.34%安、週明けの金融市場はむちゃくちゃな状況です。明日の東京市場は8000円割れかな?

ペーパーマネーの信認がいつ崩壊するのか?もう、ロンドンオリンピック前に世界は変わる気がする。



A Fast And Furious Return To Reality: Spanish Stock Market Plummets By 12% In Two Days

スペインの株式指数IBEXはこの二日間で12%の下落。。。。

これではロンドンオリンピック前まで世界の金融システムは持たないかも知れない。

http://www.zerohedge.com/news/fast-and-furious-return-reality-spanish-stock-market-plummets-12-two-days?tw_p=twt

2012年7月20日金曜日

I, Pet Goat II

カナダのアニメーション制作スタジオHeliofantが作ったショートアニメです。

ここ十数年の社会、政治の変化をテーマにしているのですが、それぞれのキャラクター、動き等細部にあたって意味があるようです。

全部は理解できないですが、かなり良くできていますね。製作期間は5年くらいだそうです。

2012年7月17日火曜日

Buy physical silver!!

1964年までアメリカの10セント(通称Dime)硬貨は、90%シルバーでした。一つ2.27gだから、シルバーは2.27 x 90% = 2.04gのシルバーが入ってます。

シルバーDimeは現在も銅+ニッケル合金のDimeと混じって少し流通しているようで、それを集めてる仲間のyoutube videoです。約100枚に1枚くらいのようです。

以前僕も1966年まで発行されていたシルバー100円硬貨についてのyoutubeを載せましたが、残念ながら日本では現在の白銅の硬貨に交じってシルバー100円は流通しているのは極めてまれでしょう。


\

2012年7月8日日曜日

Rachel Maddow Confronts The Myth That Ron Paul Has Lost

Republican(共和党)の大統領候補選びについて、メインメディアではMitt Rommny氏がすでに選ばれたかのような報道をしてますが、実はまだ決まっていません。

8月26日(日)にフロリダ州で行われる全米共和党大会において、現在まで選ばれた各地区からの大統領候補者選挙人の投票ではじめて決まるのです。

8月26日に世界は驚くことになるでしょう。Ron Paulさんが選ばれることに。

2012年7月6日金曜日

Middle class is being destroyed in Japan


2010年の1世帯当たりの平均所得が、前年より11万6000円減って538万円となったことが5日、厚生労働省の11年国民生活基礎調査で分かった。生活が「苦しい」と感じる割合は61.5%で過去最高となり、同省は「所得減少に加え、東日本大震災による不安感や喪失感を反映しているのだろう」とみている。

 調査結果によると、1世帯当たりの平均所得はここ10年で最も低く、25年前とほぼ同水準。18歳未満の子どもがいる世帯では前年より39万2000円減り、658万1000円だった。

 11年7月時点の生活意識は、「大変苦しい」が29.1%、「やや苦しい」が32.4%。「大変苦しい」の割合は過去最高だった。 

--->「苦しい」って言ってるひとが「普通」っていってる人よりも多いのです。。。



平成23年 国民生活基礎調査の概況


2012年7月5日木曜日

Coast to Coast - Chris Duane - 07/03/12

Coast to Coastは全米のAMラジオで毎晩深夜生放送(西海岸時間)されている人気のある2時間番組だそうです。だいたい1600万人くらいが聞いてるそうです。

まぁ、日本でいうとニッポン放送の「オールナイトニッポン」みたいなもんですかね。

そこにシルバー仲間のChris Duan氏がペーパマネーの仕組み、ドルの崩壊と借金づけにになるその背景、戦争のしくみ、正直なお金シルバー、ゴールドについて話しています。

まだまだアメリカでもシルバーコミュニティはとても小さいのですが、このラジオ番組は1600万人ものリスナーがいるので、目を覚ますきっかけになることでしょう。

夜明けは確実に近づいている。でも日が出る前に最も暗くなるのです。

2012年7月4日水曜日

Joe Saluzzi: HFT Parasites Are Killing The Market Host

PeakProsperity.com のChris Martensonさんが、アルゴリズム、超高速システム取引(HFT)の専門家、Joe Saluzziをインタビューしています。

このHFT取引はプログラムを基にコンピュータが取引のデリバティブ等の発注をするのですが、それで一回の取引で少額の利益を稼ぎます。だけど、その取引回数はプログラムで行うので、膨大が回数の取引をしていて、これがすでにデリバティブ全体の50-70%を占めていると思われます。

こうなると、もう証券市場の本来の役目というより完全にギャンブル場になっているわけです。

http://www.zerohedge.com/news/joe-saluzzi-hft-parasites-are-killing-market-host

2012年6月29日金曜日

FRYING DUTCHMAN "humanERROR"

FRYING DUTCHMANというアーティストは初めて知ったけど、かなり勉強してますね。

このクリップは僕のテーマの金融システム、正直なお金についてではなくて、原発反対のテーマですが、やっぱりIntellectual Revolution(知的革命)で多くの人が目を覚まさなければ本物のRevolutionにはつながらない。




2012年6月28日木曜日

Will India Implement The First "Executive Order 6102" Of The 21st Century?

Zerohedgeの記事によるとインフレが進むインドでは民間銀行がGOLD コインをたくさん販売してるらしく、それが売れすぎててそろそろインド中央銀行が販売禁止令をだすそうです。

インドの通貨ルピーではGOLDの価格が2009年から倍になりました。

民間銀行がGOLD Coinを販売すると手数料が稼げるので売るわけです。買う人が増えているから、どんどん仕入れて売る。

すごく当然なわけですが、ペーパーマネーを発行する中央銀行にとってその販売数が増えてきたので恐ろしくなってきたわけです。

歴史的にインド人は政府のペーパーマネーを信用してなくて、GOLD/SILVERをみんな買って貯めてるそうです。女の子とかはお嫁に行くには必ずGOLDが必要らしいです。(以前の記事参照)